動画だけでは物足りない|音楽専門学校で夢を形に|1度の人生を謳歌する

音楽専門学校で夢を形に|1度の人生を謳歌する

男の人

動画だけでは物足りない

フィルム

動画表現の次に何をするか

近頃では、スマホなどで手軽に動画を撮影できるので、それをきっかけに映像表現に興味を持つ人も多いでしょう。もし、本格的に映像関係の仕事につきたいと考えた時、専門学校などで基礎を学ぶことは一つの選択肢となります。まずは専門学校などで、映像を作ることの全体像を知ることが大切です。一口に映像といっても、映画やテレビ、アニメ、芸術作品などがあり、最近ではユーチューブも映像表現の方法の一つとなるでしょう。また、組織として仕事をしたいのなら、どのような業務があるのかも、一通り知っておく必要があります。一連の流れとして、シナリオ作成、撮影・制作、映像編集、音入れがあり、それを総合的に監督する人があり、さらにそれをどう売り込むかなどを考えるプロデューサーがいます。専門学校などの学校で勉強しながら、自分が何に向いているのか、何に興味があるのかを探っていくのもいいでしょう。

学校で何を手に入れるか

腕や感性があるなら、学校など行かずに直接働けばよいのです。では、専門学校などの学校に行くメリットは何でしょうか。一番大きいのはコネづくりでしょう。MBAなどのビジネススクールに海外留学する人でも、後々人脈が役に立ったとのことが多いようです。よほど腕に自信があるのなら、すぐに働いてもいいですが、既に作った映像などで、実績を見せる必要があります。それができなければ、働き口すら得ることができないかもしれません。学校のツテというのは、就職口として多少はあるでしょう。それに学校で友達ができれば、将来同じ業界でいろいろギブ&テイクの関係になるかもしれません。映像という専門的な分野に進むのなら、それを理解できる人たちというのは、大切になってきます。